動物実験に関する指針・解説 - 日本実験動物学会

日本実験動物学会 動物実験に関する指針

Add: xygymasy72 - Date: 2020-12-13 05:13:48 - Views: 1109 - Clicks: 6262

医学の動物実験に用いられる実験動物は、惹起された疾病や実験措置により苦 痛を生じる。緩和できない苦痛は科学的な目的達成のために必要な時間のみに. そこで,日本薬理学会では「動物実験ガイドラインの策定に関する勧告」(昭和55年11月5日 総学庶第1513号日本学術会議会長)および「大学等における動物実験について(通知)」(昭和62年5月25日 文学情第141号文部省学術国際局長)に定められている事項の. 脊椎動物を用いた実験で,動物に対して軽微なストレスあるいは痛み(短時間持続する痛み)を伴う実験。 Experiments that involve some minor stress or pain (short-duration pain) to vertebrate animal species. 実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準((平成18年4月28日 環境省告示第88号) 研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針 (平成18年6月1日 文部科学省告示第71号) 動物実験等の基本指針説明会資料(文部科学省 法令・指針). 京都大学動物実験委員会とは 動物実験を適正に実施するため、「京都大学における動物実験の実施に関する規程」の定めるところにより、総長が総括管理を行い、動物実験委員会を置いています。 動物実験委員会においては、次の各号に掲げる事項を審議します。. 動物実験に関する日本薬理学会指針 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 129(1), 10-11,. 実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準 平成18年環境省告示第88号. 25 年5 月14 日改訂 平成.

Selected Presentations from SCAW&39;s ". 米国アカデミー米国研究協議会地球・生命研究部門実験動物研究協会実験動物の管理と使用に関する指針改訂委員会 編 ; 鍵山直子ほか翻訳. よび「厚生労働省における動物実験等の実施に関する基本指針」を取りまとめた。さらに、両省は日本学術会議 に対し、上記の基本指針をふまえて各研究機関が動物実験等に関する規程等を整備するに際してモデルとなる共 通ガイドラインの作成を依頼した。. Scientists Center for Animal Welfare (SCAW) の動物実験処置の苦痛分類: PDF (Laboratory Animal Science-Special Issue :11-13,1987) 動物実験の適正な実施に向けたガイドライン: PDF-その1 PDF-その2 PDF-その3 (日本学術会議 平成18年6月) 動物実験処置の苦痛分類に関する解説. 日本実験動物学会監訳:“実験動物の管理と使用に関する指針”(Guide for the Care and Use of Laboratory Animals)、第8版、 アドスリー()、表3. 実験動物に対する社会的理解を促進するために (年7月15日、日本学術会議 第7部報告) 生理学領域における動物実験に関する基本的指針 (日本生理学会 平成15年12月5日 改訂) 長崎大学における動物実験指針 -解説書-(第3版、平成13年10月). Categories of Biomedical Experiments Based on Increasing Ethical Concerns for Non-human Species, (Code of Recommendations and Minimum Standards for the Care and Use of Animals for Scientific Purposes, New Zealand)animal-welfare/codes/scientific-purposes/index. Invertebrate animals have nervous systems and respond to noxious stimuli, and therefore must also be treated humanely.

See full list on kokudoukyou. 生化学的研究,植物学的研究,細菌学的研究,微生物学的研究,無脊椎動物を用いた研究,組織培養,剖検により得られた組織を用いた研究,屠場から得られた組織を用いた研究(解説1)。発育鶏卵を用いた研究(解説2)。無脊椎動物も神経系を持っており,刺激に反応する。従って無脊椎動物も人道的に扱われなければならない。 Biochemical, botanical, bacteriological, microbiological, or invertebrate animal studies, tissue cultures, studies on tissues obtained from autopsy or from slaughterhouse, studies on embryonated eggs. 生命科学の急速な発展と社会に与える影響の著しい拡大により,一般社会にとっても,生命科学研究がより身近なものになっている.また,研究は多額の公的資金によって支えられており,薬理学を含む生命. 本指針は、公私立大学実験動物施設協議会 (協議会)加盟各施設の実験動物の微生物学的検査体制. 12 環境省告示第105号) 名古屋大学における動物実験等に関する取扱規程 Scientists Center for Animal Welfare(SCAW)による 動物実験処置の苦痛分類に関する解説 ARRIVEガイドライン(日本語版). IACUC and Pain-Related Internet Resources Recognition and Alleviation of Pain and Distress in Laboratory Animals (1992) edu/books//html/ 4.

10 年5 月26 動物実験に関する指針・解説 - 日本実験動物学会 日制定 平成. 実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(平成18年4月28日 環境省告示第88号) 実験動物の適正な飼育保管等を推進するために(平成26年2月発行) 研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(平成18年6月1日 文部科学省告示第71号). 脊椎動物を用いた実験で,避けることのできない重度のストレスや痛みを伴う実験。 Experiments that involve significant but unavoidable stress or pain to vertebrate animal species。. 「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」に関する状況等について(平成24年4 月20日第66回ライフサイエンス委員会【資料2】) 「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」に関する状況等について(平成24年1月26日第65回. 麻酔していない意識のある動物を用いて,動物が耐えることのできる最大の痛み,あるいはそれ以上の痛みを与えるような処置。 Procedures that involve inflicting severe pain near, at, or above the pain tolerance threshold of unanesthetized, conscious animals. 動物実験処置の苦痛分類に関する解説 (国動協) リンク; 動物実験研究者必見 動物実験の倫理指針と苦痛度評価 (鍵山直子ら, 日本薬理学雑誌,年) PDF(jstage)リンク. 動物実験に関する日本薬理学会指針 (pdf 200kb)動物実験に関する日本薬理学会指針. 手術する際に麻酔薬を使わず,単に動物を動かなくすることを目的として筋弛緩薬あるいは麻痺性薬剤,例えばサクシニルコリンあるいはその他のクラーレ様作用を持つ薬剤を使うこと(解説19)。麻酔していない動物に重度の火傷や外傷をひきおこすこと(解説20)。精神病のような行動をおこさせること(解説21)。家庭用の電子レンジあるいはストリキニーネを用いて殺すこと(解説22)。避けることのできない重度のストレスを与えること。ストレスを与えて殺すこと(解説23)。カテゴリーEの実験は,それによって得られる結果が重要なものであっても,決して行ってはならない。カテゴリーEに属する大部分の処置は,国の方針によって禁止されており,したがって,これを行った場合は,国からの研究費は没収され,そして(または)その研究施設の農務省への登録は取り消されることがある(解説24)。 Use of muscle relaxants or paralytic drugs such as succinyl choline or other curariform drugs used alone for surgical re.

動物実験に関わる法規や規定としては,「動物の保護および管理に関する法律」,「実験動物の使用及び保管に関する基準(総理府告示第6号)」,「大学等における動物実験について(文部省学術国際局長通知)」,「動物実験に関する指針」(日本実験動物学会. ドウブツ ジッケン ニ カンスル シシン : カイセツ. ・「東北大学における動物実験に関する指針」の解説(旧解説書・東北大学) ・「実験動物の管理と使用に関する指針 第8 版(“Guide for the care and use of laboratory animals” National Research Council of 動物実験に関する指針・解説 - 日本実験動物学会 the National Academies, USA)」監訳:社団法人日本実験動物学会. 実験動物の安楽死処分に関する指針の解説 (平成25年5月版) 公益社団法人日本実験動物協会 実験動物福祉委員会 1.一般原則 (1)公益社団法人日本実験動物協会は、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽. (NIH)85-23, 1996」,「動物実験に関す る指針,日本実験動物学会 1987」,「サル類を用 いる実験遂行のための基本原則,日本霊長類学会 1986」等に示されており,本学会もこれらの精神 をふまえ,昨今の「動物の愛護および管理に関す Definition of Pain and Distress and Reporting Requirements for Laboratory Animals: Proceedings of the Workshop Held J, Committee on Regulatory Issues in Animal Care and Use, National Research Council edu/books//html/ 2. 研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針 平成18年文部科学省告示第71号.

行動面に故意にストレスを加え,その影響を調べること(解説12)。麻酔下における外科的処置で,処置後に著しい不快感を伴うもの。苦痛を伴う解剖学的あるいは生理学的欠損あるいは障害を起こすこと(解説13)。苦痛を伴う刺激を与える実験で,動物がその刺激から逃れられない場合(解説14)。長時間(数時間あるいはそれ以上)にわたって動物の身体を保定(拘束)すること(解説15)。本来の母親の代わりに不適切な代理母を与えること(解説16)。攻撃的な行動をとらせ,自分自身あるいは同種他個体を損傷させること(解説17)。麻酔薬を使用しないで痛みを与えること。例えば,毒性試験において,動物が耐えることのできる最大の痛みに近い痛みを与えること。つまり動物が激しい苦悶の表情を示す場合。放射線障害をひきおこすこと。ある種の注射,ストレスやショックの研究など(解説18)。カテゴリーDに属する実験を行う場合には,研究者は,動物に対する苦痛を最小限のものにするために,あるいは苦痛を排除するために,別の方法がないか検討する責任がある。 Deliberate induction of behavioral stress. 動物の愛護及び管理に関する法律 昭和48年法律第105号. 27 年4 月10 日改訂.

日本実験動物学会からのお知らせ 令和2年度 公益財団法人日本実験動物学会 維持会員懇談会の中止ついて 第9回実験動物科学シンポジウムの延期について 第68回日本実験動物学会総会のご案内(その1) 理事長就任にあたって; 実験動物感染症の現状. 動物実験に関する指針・解説 (日本語) 単行本 – 1991/4/1 日本実験動物学会 (著) その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする. 実験の目的のために動物をつかんで保定すること。あまり有害でない物質を注射したり,あるいは採血したりするような簡単な処置。動物の体を検査(健康診断や身体検査等)すること(解説3)。深麻酔下で処置し,覚醒させずに安楽死させる実験(解説4)。短時間(2~3時間)の絶食絶水(解説5)。急速に意識を消失させる標準的な安楽死法。例えば,麻酔薬の過剰投与,軽麻酔下あるいは鎮静下での頸椎脱臼や断首など(解説6)。 Mere holding of animals captive for experimental purposes; simple procedures such as injections of relatively harmless substances and blood sampling; physical examinations; experiments on completely anesthetized animals which do not regain consciousness; food/water deprivation for short periods. が動物実験を計画,実施する際に,遵守すべき基本的 事項を定め,平成4年と13年に「動物実験に関する 日本薬理学会指針」を学会員に通知し,科学的,倫理 的観点から適正な実験動物の飼養と動物実験の実施に. 基本指針への具体的対応と参考資料 国立大学法人動物実験施設協議会(国動協) 筑波大学 生命科学動物資源センター.

この指針は、当該大学等において行われるすべての動物実験に適用される。 【解説】 大学等においては、中央に動物実験施設をもたないところもあり、あるいは、中央の施設のほかに個別の研究室に動物実験室が置かれているところもあり、当該機関内の動物実験の一元的管理が. Consensus Recommendation on Effective Institutional Animal C. 1987:動物実験に関する指針 (日本実験動物学会)5月22日 第2期(1999~) 1999:動物の愛護及び管理に関す る法律(動物愛護法)の改正 :省庁再編により、動物愛護 行政が、総理府から環境省へ :動愛法改正 :実験動物の飼養及び保管.

動物実験に関する指針・解説 - 日本実験動物学会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 生物個体を用いない実験あるいは植物,細菌,原虫,又は無脊椎動物を用いた実験。 Experiments involving either no living materials or use of plants, bacteria, protozoa, or invertebrate animal species. ソフトサイエンス社, 1991. 麻酔下で血管を露出させること,あるいはカテーテルを長期間留置すること(解説7)。行動学的実験において,意識ある動物に対して短期間ストレスを伴う保定(拘束)を行うこと(解説8)。フロインドのアジュバントを用いた免疫(解説9)。苦痛を伴うが,それから逃れられる刺激(解説10)。麻酔下における外科的処置で,処置後も多少の不快感を伴うもの(解説11)カテゴリーCの処置は,ストレスや痛みの程度,持続時間に応じて追加の配慮が必要になる。 Exposure of blood vessels or implantation of chronic catheters with anesthesia; behavioral experiments on awake animals that involve short-term stressful restraint; immunization employing Freund&39;s adjuvant; noxious stimuli from which escape is possible; surgical procedures under an. 日本の動物保護と動物実験 日本の動物実験は、1999年に改正された「動物の愛護及び管理に関する法律」第24条の「動物を科学上の利用に供する場合の方法及び事後処置」において「動物を教育、試験研究又は生物学的製剤の製造の用その他の科学上の利用に供する場合には、その利用に必要な. 1. 目的: : 本指針は、日本毒性学会会員が、動物実験を計画実施する際に「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」(平成18年6月1日 文部科学省告示第71号)、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針について」(平成18年6月1日 大臣官房科.

脊椎動物を用いた研究で,動物に対してほとんど,あるいはまったく不快感を与えないと思われる実験操作。 Experiments on vertebrate animal species that are expected to produce little or no discomfort. 「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」の遵守徹底について(依頼)(平成29年9月11日)pdf形式:69kb 厚生労働省の所管する研究機関等における対応状況等について. Consensus Recommendations on Effective Institutional Animal Care and Use Committees (Laboratory Animal Science, Special Issue pp. 実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準の解説 動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号、以下「法」という。 において、環境大臣は、関係行政機関の長と協議して、動物の飼養及び保管に関し. 動物の愛護及び管理に関する法律 動物の愛護及び管理に関する法律施行令 動物の愛護及び管理に関する法律施行規則 実験動物の飼養及び保管等に関する基準 動物の処分方法に関する指針 Categories of Invasiveness in Animal Experiments (APPENDIX XV-B),(CCAC Guide to the Care and Use of Experimental Animals, 1993guides/english/ v1_93/appen/appxv. ・動物実験の適正な実施に向けたガイドライン(日本学術会議) ・「東北大学における動物実験に関する指針」の解説(旧解説書・東北大学) ・「実験動物の管理と使用に関する指針 第8版(“Guide for the care and use of laboratory animals”. 3より一部改変。 表3 ペア飼育または群飼育している鳥類のための最小飼育スペースの推奨値 動 物 体重 (kg).

動物実験に関する指針とその解説(日本実験動物学会) 文部省学術国際局長通知「大学等における動物実験について」を受けて,日本実験動物学会は指針ならびに指針の解説を作成している。その中に以下のような記載がある。.

動物実験に関する指針・解説 - 日本実験動物学会

email: amyqi@gmail.com - phone:(711) 798-9294 x 7521

アジア政治を見る眼 - 岩崎育夫 - 司馬遼太郎

-> 外骨さんの墓 詩集 - 山本丞
-> 先をゆくもの達 - 神林長平

動物実験に関する指針・解説 - 日本実験動物学会 - 日本実験動物学会 動物実験に関する指針


Sitemap 1

在日朝鮮人という民族経験 - 李洪章 - サクセス